■低出力レーザーの特長
低出力レーザーには、ミトコンドリアを活性化させて、傷を治し、細胞の成長をうながす効果があるといわれており、さまざまな治療に使われています。

それを薄毛治療用に応用したのが、頭皮用の低出力レーザー機器です。

■家庭用の低出力レーザー機器
低出力レーザー機器は、サロンなどで施術を受けるタイプもありますが、家庭で使えるハンディタイプが薄毛用として販売されています。

髪の毛を気にする女性

レーザーは繰り返し照射することによって継続的な効果が得られるので、薄毛のために低出力レーザー療法を始めるのであれば、サロンに通うよりは家庭用のものを購入したほうが安上がりです。

メーカーや仕様によっても値段はまちまちですが、だいたい3万円~6万円の値段のものが多いようです。

■気になる効き目は?
本当に効くの?と少し心配になりますよね。でも低出力レーザー機器はれっきとした医療機器で、ある製品はアメリカの医療効果を認定する公的機関FDAによって「発毛にも効果あり」という認可を受けています。

細胞の成長を促進させる効果があるので、分裂して髪を生やす毛母細胞のはたらきも活発にすることができるのですね。ラットでの実験でもフサフサのラットに変身したといいますし、臨床試験でも女性では90%以上、男性では93%以上の人に発毛が認められたとのことです。

もちろん結果には個人差がありますが、効果があるとみて問題ないでしょう。

■どうして効くの?
少々専門的な話になりますが、低出力レーザーの光がミトコンドリアに存在する酵素(シトクロムCオキシターゼ)に吸収されると、細胞の活力剤ともいえるATP(アデノシン三リン酸)が生成されます。

ATPは、細胞の成長に欠かせないタンパク質などの栄養素を合成するはたらきがあることがわかっています。つまり、低出力レーザーを照射するだけで、髪の毛を増やすための細胞分裂に必要な栄養がどんどん作られる、ということなのですね。

■副作用の心配は?
FDAはその安全性も認めていますし、低出力レーザーを医療へ応用し始めて40年以上が経過していますが、正しく使う分には副作用も報告されていません。

副作用を伴う薄毛治療薬も多い中で、安全確実な治療方法といえるのではないでしょうか。商品に添付されている取り扱い説明書をよく読み、正しく使用しながら薄毛改善に役立ててくださいね。